妊娠期からお子様が大きくなるまでの歯科ケア

妊娠期のケア

妊娠中は、妊娠前と比べお口の環境も大きく変わります。妊娠中のお口の特徴や歯科処置を座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」がご紹介します。

妊娠期の口腔内

妊娠期の口腔内

妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)が増加します。エストロゲンは、歯周病細菌を増やす働きがあるとされ、妊娠中は歯茎の腫れや出血などが起こりやすくなります。加えて、つわりなどで歯みがきをしづらくなり、虫歯・歯周病が起こりやすい口腔内環境になってしまうのです。

また、歯周病をもつ妊婦は、早産のリスクが健康な妊婦の5倍に高まると言われています。歯周病にかかりやすい妊娠期ですが、きちんと予防しなくてはいけません。

妊娠期の治療・処置

妊娠期の治療は妊娠初期・中期・後期によって変わってきます。各治療は以下の通りです。

妊娠初期 妊娠初期は流産するおそれがあるためストレスや長時間の治療は避けなくてはいけません。歯科治療は応急処置にとどめておくのが適切でしょう
妊娠中期 妊娠後数ヶ月たち安定してくる時期。妊娠初期にはできなかった歯科治療も可能になります。つわりが落ち着く時期でもあるので、気分が悪くて歯みがきができなかった方は再開しましょう
妊娠後期 治療のときお腹が圧迫される体勢は負担がかかります。早産などのリスクを考えると、妊娠中期のうちに治療をすませたほうがいいでしょう。

※妊娠中はレントゲン治療、投薬治療、麻酔処置は行えません。

年代別の歯科ケア

乳幼児期、学童期で起こりやすいお口のトラブルや気をつけること、年代別の処置を座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」がご紹介します。

乳幼児期(6歳未満)

乳幼児期(6歳未満)

生後半年~1年ほどで乳歯が生え始めます。乳歯が2本生えてきたら、虫歯予防を始めなくてはいけません。乳歯は大人の歯に比べて柔らかく虫歯になりやすいので、大人以上に虫歯に気をつけなくてはいけないのです。赤ちゃんのお口に乳歯を見つけたら、まずは虫歯予防のために当院へいらしてください。

乳幼児期の治療・処置

乳幼児期の治療・処置

虫歯予防のために行うフッ素塗布は、生えたばかりの乳歯にも有効です。フッ素は歯質を強化して、虫歯になりにくい歯にする効果がありますので、乳歯が生えたらまずこちらの処置を受けることをおすすめします。

また、乳歯が1本でも生えてきたら、虫歯予防のために毎日歯をみがくようにしましょう。小さなお子様は奥の歯まで一人ですべてみがくことは難しいので、乳幼児期は常にご両親が仕上げみがきをしてあげるようにしましょう。

学童期(6~12歳)

学童期(6~12歳)

乳歯が抜け、永久歯が生え始める時期。歯並びがでこぼこになるので、歯みがきが難しくなります。さらに、生えたばかりの永久歯は柔らかく、虫歯に感染しやすい状態。生え替わる時期は虫歯予防を意識しなくてはいけません。

学童期の治療・処置

学童期の治療・処置

学童期は自分一人で歯みがきをできるようにする時期です。当院の予防歯科ではお子様自身で自分の歯をみがけるよう、歯科衛生士が指導いたします。親御様が協力のもと、自分の歯を自分で守る習慣をつけましょう。

また、学童期はあごが成長している時期でもあるので、矯正治療を始めるのに適しています。お子様の歯並びが気になるようでしたら、一度ご相談ください。

虫歯を予防する歯みがきの方法はこちら

当院の矯正歯科メニューはこちら

top