歯並びが気になる(矯正歯科・小児矯正)

こころ歯科クリニックの矯正治療

こころ歯科クリニックの矯正治療

歯並びが悪化する原因やお子様の矯正治療について座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」がご説明します。

歯の発育に悪影響を与える癖

お子様の歯の発育に悪影響を与えるおそれのある癖をご紹介します。もし、これらの癖があるようでしたら、やめるように指導してください。

指しゃぶり
指しゃぶり
指しゃぶりを続けていると、指で前歯が押され、前歯が前にでる上顎前突(出っ歯)や上下の前歯が噛み合わせない開咬などの原因となります。
頬杖
頬杖
頭の重さがあごにかかるので、あごの骨の発育に悪影響を及ぼします。噛み合わせのずれも起こりやすくなります。
爪を噛む
爪を噛む
爪を噛むことで歯や歯ぐきに負担がかかり、前後左右に歯がズレてしまうことがあります。
唇を噛む
唇を噛む
前歯に強い力が加わることで上顎前突(出っ歯)になりやすくなります。
舌癖
舌癖
舌で歯が押され上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)などが起こります。
PICK UP 大人と子供の矯正治療の違い

PICK UP 大人と子供の矯正治療の違い

子供の矯正で多いのが、成長に合わせて歯とあごを自然に調整する方法です。たとえば、あごの成長に合わせて歯列を正しくしていく床矯正などがあげられます。成長途中の歯は歯を動かしやすく、大人の矯正と比べて抜歯するリスクなども少なくてすみます。

こころ歯科クリニックで扱う矯正治療

お子様が矯正治療を始める時期は大きく分けて2つ

1.乳歯と永久歯がまだ混在している時期(早期治療) 2.永久歯が生えそろった時期(本格矯正治療)

ですが、1の早期治療の時期には、まだ永久歯が生えそろっていないので将来の歯並びの悪化を予測するのは困難です。呼吸や咀嚼など日常生活に支障をきたす場合を除いては、2の本格矯正治療の時期に矯正治療を始めることをおすすめします。永久歯が生えそろった直後はそれに合わせてあごも発育していますので、成長に合わせて矯正治療ができます。

こころ歯科クリニックの取り扱い入れ歯(自費入れ歯)

床矯正
コンフォート 床矯正は、入れ歯のような形の矯正装置を歯の裏側に装着する矯正方法です。お子様のあごの成長に合わせて歯列を矯正します。あごを広げて、歯が生える位置を確保するので、ほかの矯正よりも抜歯のリスクが少なくてすみます。また、装置は取り外し可能で、食事や歯みがきの際にジャマになりません。
マルチブラケット
スマイルデンチャー 歯の表面にブラケットという器具を取り付け、それらにワイヤーを通し矯正します。ブラケットは金属製、セラミック製から選択可能です。セラミック製は、金属製と比べ値段はかかりますが、透明で目立ちにくいというメリットがあります。
料金一覧

※下記料金は税込みです。

矯正(成人) ¥650,000~
矯正(子供) ¥300,000~
部分矯正
(1~2本)
¥50,000~

top