お子様を歯医者嫌いにさせないために

歯医者嫌いにならないポイント

歯医者嫌いにならないポイン

「歯医者=痛い」という認識をされてしまうのは、歯を削ったり、麻酔の注射をしたりといった虫歯治療が原因のひとつ。定期的に歯科医院に通い、虫歯を予防していれば、歯医者で痛い思いをすることが少なくなります。お子様を歯医者嫌いにならないためには、まず予防歯科や日々の歯みがきで虫歯を防ぐことが大切です。

くわえて、親御様の心がけでお子様は歯医者嫌いにならずに済むかもしれません。座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」が、お子様を歯医者嫌いにさせないために気をつけていただきたいことをお伝えします。

ポイント1.叱るときに「歯医者さん」を使わない

「悪い子は歯医者さんに連れて行くよ」など、お子様を叱るときの脅し文句に「歯医者さん」を使わないようにしてあげてください。お子様のなかで「歯医者さん=怖い場所」というイメージができてしまい、行くのを嫌がってしまいます。

ポイント2.事前に歯医者に行くと伝える

突然、歯医者に連れて行けば、院内に着いたときにお子様が不安になってしまいます。歯医者へ行く前には、「歯医者さんに行くよ」とちゃんと伝えてあげましょう。お子様に心の準備をさせてあげることで安心して治療を受けられるようになります。

ポイント3.治療について正直に伝える

「痛くないよ」「見にいくだけだよ」などごまかして連れて行くと、実際に治療をするときに「嘘をつかれた」と思ってしまいます。治療の内容は正直に話すようにしましょう。虫歯を治す大切さを一緒に伝えれば、お子様もきっと納得してくれます。

ポイント4.泣いても叱らない

大人でも痛いと感じる虫歯治療。お子様にとってはとても辛いものです。痛いうえに、叱られてしまっては、虫歯治療がさらに苦手になってしまいます。我慢できずに泣き出してしまっても叱らずに、応援してあげることが大切です。

ポイント5.治療後はめいっぱい誉める

痛みを我慢できたときも、できずに泣いてしまったときも、治療後はいっぱい誉めてあげてください。誉められることで「歯医者さんを頑張れば、誉めてもらえる」という意識が生まれ、嫌がらないようになります。おうちに帰ってから、別の家族にも誉めてもらうとさらに自信につながります。

top